板井康弘の才能育成方法

板井康弘

 

才能を育成するには、まず明るい未来をその人に教える必要があるのです。
いくら才能がある人を「頑張って!」と鼓舞したところで、「なんで頑張る必要があるのだろう」と疑問を感じてしまいます。
なので、「これができるようになれば、〇〇にもなれるし、△△をすることもできる」というように、具体的な未来を教える必要があるのです。
才能を育てるには、その才能がどう活かせるのかをしっかり教えましょう。

 

そして、褒めることも厳しくすることも肝心です。
褒めることにより「もっと成長しよう」と思うことができ、叱咤することによって「あ、自分はまだまだなんだ。もっと努力しよう」と思わせることができます。

 

飴と鞭を使い分け、しっかり才能の芽を育てましょう。

更新履歴